Q&A

Q&A
ホーム > Q&A

このページの先頭へ戻る

Q1. 湿気るのでは?

A.

湿気問題はありません。
1.工場で作られた乾燥したパネルを使っているから、構造体から湿気は発生しません。
2.発泡ウレタンという最高級断熱材をすきまなく吹き付けている為、外部からの湿気をシャットアウト。壁面結露もありません。

このページの先頭へ戻る

Q2.自由な間取りが出来るの?

A.

幅90cmのPCパネルの組み合わせで設計出来るので、お好みの間取りが作れます。(地震に対する耐力壁の制約はあります)

このページの先頭へ戻る

Q3.雨漏りが心配

A.

屋根全体をシート防水でスッポリかぶせますので、瓦屋根と違って雨漏りはほとんど心配いりません。(台風時の雨漏り率0.5%)シート防水の保証は10年間です。万が一の破損も、露出型なのでメンテナンスが簡単です。

このページの先頭へ戻る

Q4.屋上庭園は水漏れが心配

A.

屋上に土を載せる場合には、防水シートを2重に施工いたします。又、太陽の紫外線を土がカバーするので、大切な防水層の劣化が防げます。だから水漏れの心配はいりません。

このページの先頭へ戻る

Q5.窓が小さく暗いのでは?

A.

最大幅2.6m、高さ2.3mの大きな窓が可能であり、特に在来工法の2階の窓のように瓦屋根勾配による高さ制限を受けないので在来工法よりも明るい設計が可能です。

このページの先頭へ戻る

Q6.屋根付きは出来るの?

A.

出来ます。
百年住宅のPCパネル陸屋根の上に通常の在来勾配屋根を取付ける事は簡単です。又、勾配屋根にした場合は小屋裏に物が置ける利点もございます。

このページの先頭へ戻る

Q7.ほんとうに無傷だったんですか?

A.

はい。本当です。WPC住宅約495棟の被害状況を調査したところ、全半壊はもとより、一部分でも躯体の補修を要するお宅はゼロ。窓ガラス1枚の破損さえありませんでした。

このページの先頭へ戻る

Q8.重いから心配

A.

百年住宅は敷地に対しボーリング地質調査を行います。必要な基礎補強を行い、基礎・躯体の万が一の沈下に対しても35年保証をしておりますのでご安心ください。

このページの先頭へ戻る

Q9.何故2倍も強いの?

A.

コンクリートは水とセメントの科学反応で固まります。
一般コンクリートは、流動性を良くするため、水を多めにしますが、その水が乾燥した後に空間が出来るので、強度が落ちるのです。その点PCパネルは適度の水とセメントを使用し、工場により3,600回転/分の振動を加え、密度の高いパネルを作りますので、強い強度のパネルができあがります。

このページの先頭へ戻る

Q10.ALCの10倍も強いってほんとう?

A.

はい。一般コンクリートの2倍、ALCコンクリートの10倍強いです。だから一枚のパネルでジャンボジェット機一機を支える事が可能です。

このページの先頭へ戻る

Q11.高いでしょ?

A.

はい。建築のスタート時点におきましては少々高いかもしれません。しかし耐久性をに優れておりますので、50年サイクルのトータルコストで考慮した場合、業界随一の経済性を誇っております。

このページの先頭へ戻る

Q12.本当に35年保証なんてできるの?

A.

35年前の百年住宅を分析したところ、ボルト1本の錆も無く、PCパネルの強度も全く落ちてはいませんでした。だから建物の一番重要な構造に対し、35年間の無条件保証が出来るのです。劣化実験データでは、100年以上の耐久性がある事が確認されています。

このページの先頭へ戻る

Q13.工期はどれ位ですか?

A.

40坪程度で約80日です。建物が大きくなれば、比例して長くなります。

このページの先頭へ戻る

Q14.本当に白アリは大丈夫?

A.

白アリは木材を食べて栄養にしますがコンクリートは食べません。内装の木下地に対して被害がでるケースはまれにありますが、構造体が白アリに食われてパネルを補強した例は一度もありませんでしたのでご安心ください。

このページの先頭へ戻る

Q15.台風でも大丈夫ですか?

A.

はい、大丈夫です。百年住宅では業界初の台風保証を実施しております。(詳しくは台風保証をご覧下さい。)
台風19号は1991年9月、中国地方に大きな被害をもたらし、巨大な高圧鉄塔が多数倒れ、瓦をことごとく飛ばすなど、その被害は死者行方不明者62名、負傷者1,499名、被害住家170,447棟という悲惨な状況を呈しました。しかし、その時もWPC工法の被害は一件もありませんでした。

このページの先頭へ戻る

Q16.冬冷えるでしょう?

A.

百年住宅は発泡ウレタンという高性能断熱材を吹き付けており、外から冷気をシャットアウト。また当社オリジナル地熱利用特殊強化基礎により、在来工法に比べ、12度も暖かです。

このページの先頭へ戻る

Q17.ユニット工法と同じですか?

A.

いいえ。違います。百年住宅は幅90cmの1枚のパネルで箱型に組み立てます。ツーバイフォー工法と同じ壁式工法ですので地震に強いです。

このページの先頭へ戻る

Q18.企画タイプは何故安いの?

A.

多くのお客様と建築のプロの意見をまとめて考えられたプランです。設計図をはじめ打合せの時間等を簡略化し、資材、設備機器を数種類にしぼり込みコストを削減しておりますので経済的な建築と言えます。

このページの先頭へ戻る

Q19.一般プレハブメーカーとどちらが強いの?

A.

阪神・淡路大震災を実例に、資料をご覧ください。激震地495棟、WPCすべての百年住宅では全半壊0はあたりまえ、ガラス一枚も割れませんでした。一般プレハブメーカーは、阪神・淡路大震災において、全半壊ゼロと声を大にして表現しているが、一部破損はかなりあった。一部破損の補強費がかなり費用がかかるのです(30坪×30=900万円)

このページの先頭へ戻る

Q20.屋上庭園の重さは大丈夫なの?

A.

日本一綺麗な三島展示場の屋上庭園をご覧ください。1m2当たり500kgまで大丈夫です。

このページの先頭へ戻る

Q21.地熱基礎工法というのは何故冬暖かで夏涼しいの?

A.

縁の下の空間をなくし、床下に土を充てんする地熱基礎工法は、床下からの温度変化を抑えるため冷暖房効果が高いのです。

特集ページ

サイト内検索

  • このページの先頭に戻る
  • 前のページに戻る

百年住宅株式会社
〒422-8017 静岡市駿河区大谷二丁目20-23
TEL:(054)-237-0500(代)  FAX:(054)- 237-8060

百年住宅西日本株式会社
〒754-0897 山口県山口市嘉川3471番地1
TEL:(083)-989-5522(代)  FAX:(083)-989-6622

百年住宅中部株式会社
〒454-0005 愛知県名古屋市中川区西日置町10-225
TEL:(052)-362-9725(代)  FAX:(052)-362-9719

フリーダイヤル:0120-089-500