耐火性能

7つの日本一
ホーム > 7つの日本一 > 耐火性能

耐火性No.1

左の再生ボタンをクリックすると、火災に関する動画をご覧頂く事ができます。

本ページのムービーファイルをごらんいただくには、Adobe Flash Playerが必要です。インストールが必要な場合は最新版のダウンロードをお勧めいたします。
こちらからダウンロードして下さい。

当コンテンツをお楽しみいただくには、最新のFLASHプラグイン(無償)が必要になります。

被害と実績

消防白書の建物火災の死者数の資料によると65.3%が木造建物被害。耐火造建物は3.6%と、極端に少ない割合です。火災発生から消防車が駆けつけるまでの時間が長くなるほど被害が増します。地震による大火災時には消防活動は思うように出来ません。外装、内装に防火材料を使用するだけでなく構造躯体を耐火構造とすることが耐火性能の必要不可欠な条件と言えます。

木造火災

木造火災

鉄骨造火災

鉄骨造火災

建物火災の死者数1,494人

火に強い3つのポイント

燃え崩れない
外から火が燃え移らない
内の火を燃え移さない
1.燃え崩れない

火災の後でもコンクリートの強度を失うことなく、再利用できています。これは、構造自体が破壊されたり変形せずに、構造体力がほとんど低下しない構造のため、火災後、わずかな修理で再利用できる性能を持つためです。

温度に対する材質の変化率

鉄やアルミニウムなどの金属素材は、高温になると急速に強度が低下して南下します。これに対してコンクリート(PC)強度は、ほとんど変わらず、火に強い最適な構造材料と言えます。

グラフ

構造材自体が耐火性能を持っているのはコンクリート造だけ。木造や鉄骨造は外装材に耐火材を使っていても内側からの火には弱いと言えます。
(木は260度で着火、鋼材は約700度で耐久を失う)

鉄骨は700度で曲がり、強度を失う。
2.外から火が燃え移らない

隣家が火災を起こした場合、隣家に接する外壁温度は840度になります。外壁が燃えない材料であっても裏面温度が260度を超せば内装の材などに自然着火し類火します。百年住宅は。1.5m離れた隣家が全焼しても雨樋以外は全くの無傷でした。

図1
図2
3.内の火を燃え移さない

燃えないコンクリート

外からの火災に強いことはもちろんですが、家の中からの火災に対してもコンクリートの壁、床、天井が一つの防火企画の役割を果たすため、火が外に出るのを防ぎます。隣の部屋や2つの部屋にまで火が廻る可能性が少なく、被害を最小限に食い止めるのが安心です。

アパートの一室から出火。隣戸は被害なし。

アパートの一室から出火。隣戸は被害なし。

●防火区画のイメージ図

防火区画のイメージ図

火災がその1室で一気に広がる時間は、通常2~3分。コンクリートで四方を囲んでいますので壁の外に火が燃え広がるのを防ぎます。

●一見あたりの焼損面積と損害額

一見あたりの焼損面積と損害額

※消防白書 平成16年度版より

特集ページ

サイト内検索

  • このページの先頭に戻る
  • 前のページに戻る

百年住宅株式会社
〒422-8017 静岡市駿河区大谷二丁目20-23
TEL:(054)-237-0500(代)  FAX:(054)- 237-8060

百年住宅西日本株式会社
〒754-0897 山口県山口市嘉川3471番地1
TEL:(083)-989-5522(代)  FAX:(083)-989-6622

百年住宅中部株式会社
〒454-0005 愛知県名古屋市中川区西日置町10-225
TEL:(052)-362-9725(代)  FAX:(052)-362-9719

フリーダイヤル:0120-089-500