箱形構造の強さ

7つの日本一

強さの秘密その2

箱形構造(壁式構造)工法の強さ

箱形は強い

■ 地震水平力の受け止め方の比較

壁面全体で力を受け止める箱形構造。

軸組構造の場合、「線」と「点」で外力を受け止めるために、柱や接合部分に負荷が集中的にかかります。腐朽・錆び・接合部不良等による柱や梁の部分的な破壊が建物全体の崩壊へとつながる危険性があります。百年住宅(WPC工法)や2×4工法のような箱形構造の場合、床・壁・天井という全ての「面」で外力を受けとめるため、負荷を分散し強い抵抗力を発揮します。水平・垂直・斜め、どの方向からの外力にも建物全体で受けとめます。

箱形は変形しない

地震による層間変位と変形量の比較

ガラスが割れない理由。

左図は百年住宅と軸組構造に阪神・淡路大震災と同じ力を加え、軸組構造が倒壊する寸前の各階ごとの変位の大きさを示しています。
層間変位の比較では、百年住宅の変位量δは軸組構造の変位量δ'の1/6以下。百年住宅の構造体はほとんど変形せず、揺れにくい構造といえます。だから、阪神・淡路大震災で百年住宅全棟、窓ガラス1枚も割れなかったのです。

●地震加速度による変形量の比較

百年住宅のトリプル保証 保証制度業界No.1 地震保証・津波保証・台風保証

特集ページ

サイト内検索

  • このページの先頭に戻る
  • 前のページに戻る

百年住宅株式会社
〒422-8017 静岡市駿河区大谷二丁目20-23
TEL:(054)-237-0500(代)  FAX:(054)- 237-8060

百年住宅西日本株式会社
〒754-0897 山口県山口市嘉川3471番地1
TEL:(083)-989-5522(代)  FAX:(083)-989-6622

百年住宅中部株式会社
〒454-0005 愛知県名古屋市中川区西日置町10-225
TEL:(052)-362-9725(代)  FAX:(052)-362-9719

フリーダイヤル:0120-089-500