百年住宅の地盤調査はここが違う

テクノロジー
ホーム > テクノロジー > 着工から完成まで > 百年住宅の地盤調査はここが違う
地盤調査 一般的な地盤調査は、安価な「スウェーデン式サウンディング調査」のみで判断します。しかし、この調査方法では一番重要な支持層の測定ができません。百年住宅は、多少のコストがかかっても地盤調査に妥協はありません。ご契約後に、全棟ボーリング調査を実施し、最適な地盤補強を行います。

スウェーデン式サウンディング調査とボーリング調査の比較

名称 スウェーデン式サウンディング試験 ボーリング調査
調査可能な深さ 10mまで 10m以上も可能
土について 土を採取できないため、詳しい地層の確認はできない 土を採取でき、土の観察が容易
信頼性 ロッドの回転する音に頼るため、調査員による調査結果誤差が大きい
  • その地盤の組成が目視で確認できる
  • 多くの国で基準化された試験方法で、結果の評価・対比がしやすい
その他メリット
  • 深度毎に連続してデータがとれる
  • 作業時間が短い為、一日で何箇所も試験ができる
  • 直接的に地盤構造を知ることができる
  • 支持層の確認ができる
  • 孔内水位(地面に穴を掘った場合に水が溜まってくる深さ)がわかる
その他デメリット
  • 地中の石や造成の時のガラなどの影響を受ける
  • 支持層の確認ができない。
調査地点の地盤情報が詳細までわかるが、あくまでも平面的には“点”の調査となる。
百年住宅は、サウンディング調査とボーリング調査を併用し、より正確な地盤の状態を測定します。地震に無傷のWPC住宅を支える、最適な基礎造りに役立てています。

なぜコストをかけてまでやるのか!!

地震などのあらゆる災害に無傷を目指している百年住宅は、多少のコストがかかっても“住む人の命と財産をお守りする”ために、妥協をしません。

建ててからでは遅い!!

地盤調査の流れ

STEP1:まず周辺の環境から地域の特性を分析!

  • 推定液状化危険度図
  • 推定震度分布図
  • 静岡県活断層

STEP2:地盤調査「スウェーデン式サウンディング調査」を行います。

スウェーデン式サウンディング調査

スウェーデン式サウンディング調査は、荷重による貫入と回転貫入を併用した原位置試験であり、土の静的貫入抵抗を測定し、その硬軟または締まり具合を判定するとともに土層構成を把握することを目的としています。

STEP3:地盤調査「ボーリング調査」を行います。

ボーリング調査 百年住宅は、施工前に必ずボーリング調査を行います。 地質および地下水位の確認が出来る。貫入力がありどんな地盤でも調べられる。

あらゆる建築条件に対応する地盤補強工法 - 百年住宅の地盤補強方法 -

地盤には土地の違いや土の含水比の高低、造成時の盛り土や埋め立て地など様々な特徴があります。
宅地の広さや形状・高低差などの建築条件も考慮しなければなりません。地盤調査からわかる様々なデータを検討し、地盤に適切な基礎補強をご提案します。

建ててからでは遅い地盤の事故。あらゆる災害から無傷を目指す百年住宅にお任せください。

特集ページ

サイト内検索

  • このページの先頭に戻る
  • 前のページに戻る

百年住宅株式会社
〒422-8017 静岡市駿河区大谷二丁目20-23
TEL:(054)-237-0500(代)  FAX:(054)- 237-8060

百年住宅西日本株式会社
〒754-0897 山口県山口市嘉川3471番地1
TEL:(083)-989-5522(代)  FAX:(083)-989-6622

百年住宅中部株式会社
〒454-0005 愛知県名古屋市中川区西日置町10-225
TEL:(052)-362-9725(代)  FAX:(052)-362-9719

フリーダイヤル:0120-089-500