防災対策3 非常持出品

災害防災特集
ホーム > 災害防災特集 > 地震対策特集 > 防災対策3 非常持出品

地震などの緊急時に備えてすぐ持ち出す事ができる非常持ち出し袋などを用意しましょう。
最低限の防災用品を用意しておくことはもちろん、家族構成に合わせた物を用意する、定期的にチェックし期限が切れそうなものは取り替えるなどの備えが大切です。最近は、非常食が種類豊富に揃うようになりましたし、耐久性や防炎性に優れた非常持ち出し袋や携帯できる簡易浄水器、発電機能のラジオ付懐中電灯など、便利な防災グッズが幅広く売られていますので、一度調べてみるのも良いと思います。

食料・飲料

飲料水(緊急用)

何よりも水の確保が最重要になってきます。人数×1日につき3リットルの水を最低3日分用意しましょう。防災用品として売られている水でなくても市販品でいいと思います(ただし未開栓のもの)容器はペットボトルなどが軽くて便利です。

食料(緊急用)

非常食の備えは最低3日分程度を用意しましょう。それだけ耐えられれば救援が来る可能性はずっと高まります。お湯を沸かすなど調理ができない時の為に、そのまま食べられる食料も必要です。余裕がある場合、アメやチョコを入れておくといいと思います。いざというときの甘味は心を和らげてくれる効果があり、カロリー補給にも適しています。

調理器具(緊急用)

防災用品の中で意外と便利なのが調理器具です。鍋と簡易食器を用意しておくといいと思います。また、もし乳児がいるのでしたら必ず粉ミルクなどの授乳用品を用意しておきましょう。母乳で育てていてもショックで母乳が出なくなる可能性もあります。 ※緊急用の他に日頃からミネラル水や缶詰、レトルト食品など保存食品を買い置きし、新旧を回転させて使用すれば、災害時の非常食として役立ちます。

薬など安全用品

医薬品(緊急用)

けがをしても病院でただちに治療を受けることは困難です。包帯などの外用薬、頭痛・腹痛などの基本的な薬は用意しておきましょう。もしいつも飲んでいる薬があれば、1週間分を目安に用意しておくといいでしょう。

衣服など(緊急用)

上に羽織るものを用意して置きましょう。暑ければ脱ぐことが出来るので寒い場合や衣服が汚れたり濡れたりした場合を想定して用意しておきましょう。また、靴もサンダルなどではなくスニーカーのようなものを用意しておくといいでしょう。

雨具(緊急用)

余裕がある場合は雨具を用意しておきましょう。また、レジャーシートやブルーシートを一枚用意しておくと緊急の屋根代わりに使ったり風よけにしたりと重宝します。

貴重品

現金(緊急用)

緊急用に別口でいくらか用意しておくといいでしょう。自動販売機・公衆電話など小銭が必要な場合に備えて、お札ばかりでなく小銭も用意しておきましょう。

各種証明書(緊急用)

保険証・カード・そのほかの証明書などはいつでも取り出せるようにしておきましょう。ただし防災用品袋に入れっぱなしは不便で防犯上も危険なので、まとめて金庫や防炎貴重品袋にしまっておきましょう。

日用品

電気関係

懐中電灯・ラジオなどは基本的な備えです。その他携帯の電池式充電器、懐中電灯やラジオなどに電池が必要な場合は、多めに予備の電池を用意して定期的に取り替えましょう。

日用品

ライターかマッチ、ロープ、軍手などは備えておくと便利です。衛生面でのトイレ問題や女性に必要な用品、もちろん乳児がいるなら紙おむつも必要です。その他にはタオルや飲料以外で使う水の用意をしておきましょう。

その他

赤ちゃんのいる家庭では・・・

飲料水、ミルク、哺乳びん、離乳食、スプーン、着替え、オムツ、清浄綿、おぶい紐、タオル、バスタオル又はベビー毛布、ガーゼ又はハンカチ、バケツ、ビニール袋、石鹸などを用意しましょう。

妊婦さんのいる家庭では・・・

脱脂綿、ガーゼ、サラシ、T字帯、清浄綿及び新生児用品、ちり紙、ビニール風呂敷、ビニール袋、母子手帳、新聞紙、石鹸などを用意しましょう。

  • このページの先頭に戻る
  • 前のページに戻る

百年住宅株式会社
〒422-8017 静岡市駿河区大谷二丁目20-23
TEL:(054)-237-0500(代)  FAX:(054)- 237-8060

百年住宅西日本株式会社
〒754-0897 山口県山口市嘉川3471番地1
TEL:(083)-989-5522(代)  FAX:(083)-989-6622

百年住宅中部株式会社
〒454-0005 愛知県名古屋市中川区西日置町10-225
TEL:(052)-362-9725(代)  FAX:(052)-362-9719

フリーダイヤル:0120-089-500