GALLERY&VOICE

施工実例&お客様の声

耐震住宅

耐久住宅

耐火住宅

耐風住宅

【静岡市・新築住宅】万が一の時に家族を守る家

【静岡市・新築住宅】万が一の時に家族を守る家

スタイリッシュな外観のA様邸はお母様と若夫婦が暮らす2世帯住宅です。

1Fから2Fにかけてのスリット格子は外観のデザイン性だけでなく、2Fベランダの目隠しとしての機能も兼ね備えています。

1Fから2Fにかけてのスリット格子は外観のデザイン性だけでなく、2Fベランダの目隠しとしての機能も兼ね備えています。

一階は「木」の温もりにこだわり

2つの玄関のうち、お母様が暮らす木目調の玄関扉を開けると、白木を敷いた廊下と丸窓障子の和の雰囲気から木の温かさとやさしさが伝わってきます。夜の廊下は間接照明のやさしい光で白木の廊下を照らします。人感センサー付きなので、夜中にトイレに起きても安全です。
ダイニングの横はけやき柱の床の間や折り上げ天井の照明、建て替え前の家の梁で作った階段等、木に囲まれたくつろぎの空間となっております。さらに、「真冬の寒い時でも室内はエアコンをかけなくても暖かい」とおっしゃっており、外気に影響されない百年住宅のメリットを実感している様子です。

2階はアートのような空間

若夫婦の玄関の雰囲気はお母様とは一転、クラシックでモダンな雰囲気です。そして2階の階段を上がりきる前に、存在感のあるキッチンが見えてきます。
「2階の中央にキッチンを配置したのが一番大きなポイントです。部屋の扉や壁も取り払って、一つの大きな空間にしてみました」その他にもセラミック天板のキッチンとキッチン下のタイル、床下収納やそれを利用したキッチンカウンターなど、随所に息子さんのこだわりが感じられ、モデルルームのような魅力的な空間となっております。
また、「部屋のほぼ中心にキッチンがあるので、料理を作っていても子供たちがどこにいるのかわかるので安心で快適です」と若奥様もお気に入りの様子です。小学1年生と3年生のお子様にとってもお母さんがいつも見守っていてくれて、幸せいっぱいのようでした。

決め手は「地震に強い」こと

「家選び」の最終判断は「地震」への強さ。 「仕事の関係で、もし巨大地震が襲ってくると復旧のために何日も自宅に帰ることができない可能性があります。離れる家族の安全・安心を考えたとき、やはり地震に強いというのは大きな決め手になりました」と息子さん。被災後の生活も考えて井戸水を引いていたり、屋上にはソーラーシステムも用意されているほど災害への備えも万全となっています。

資料請求はこちら

閉じる

×閉じる