200年住宅ビジョン 理念

会社概要
ホーム > 会社概要 > 200年住宅ビジョン 理念

より長く大事に、より豊かに、より優しく― 住宅改革・ゆとりある住生活を目指して ―

百年住宅は、200年住宅ビジョンを応援しています。

2006年に制定された「住生活基本法」をうけて、昨年、政府与党から「200年住宅ビジョン」が掲げられました。このビジョンは、住宅の流通、建設、金融、維持管理、街並みの分野にわけられ、各分野において200年住宅に向けた具体的な施策を推進していくものです。

理念12の製作

200年住宅の理念

200年住宅ビジョンとは、住生活基本法の基本理念にのっとり、成熟社会のふさわしい豊かな住生活 の実現を図るべく具体的な施策を展開していくことが求められています。学識経験者、住宅関連事業者、国土交通省などからヒヤリングを行い、ストック型社会における豊かな住生活の実現に向けた提言として「200年住宅ビジョン」を取りまとめたものです。

我が国の現状   さらに  

成熟社会にふさわしい豊かさが実感できていない

・少子高齢化の進展による福祉負担の増大
・地球環境問題・廃棄物問題の深刻化

「つくっては壊す」
フロー消費型の社会から
「いいものをつくって、きちんと手入れして、長く大切に使う」
ストック型社会への転換が急務

 
住宅政策:ストック重視の住宅政策への転換=住生活基本法の制定(H18.6)
住宅のロングライフ化に関する技術的な蓄積
土地神話の崩壊により、住宅の資産価値に着目

超長期にわたって循環利用できる質の高い住宅(=200年住宅)を目指すべき
※「200年」…住宅のロングライフ化を象徴的に表す

200年住宅のイメージ
●スケルトン(構造躯体)については耐久性・耐震性、インフィル(内装・設備)については可変性を確保
(「堅ろうで、かつ、変化する住宅」)
●維持管理が容易
●次世代に引き継ぐにふさわしい住宅の質(省エネ、バリアフリー)を確保
●計画的な維持管理(点検、補修、交換等)
●周辺のまちなみとの調和                    等

200年住宅のメリット

超長期にわたる安全な暮らしの実現 大地震にも耐え、その後も数世代にわたり使用可能
「ゆとり」のある国民生活の実現 住宅の建設・取得・維持管理のための国民負担を2/3
程度に縮減可能
(住宅の資産価値を超長期にわたり維持・評価)
環境負荷の低減 ・住宅関連の産業廃棄物を年間約1000万t削減可能
※住宅関連の産業廃棄物は年間約1400目万t(H14)

・CO2排出の削減にも資する

世代を超えて循環利用される「社会的資産」としての住宅

特集ページ

サイト内検索

  • このページの先頭に戻る
  • 前のページに戻る

百年住宅株式会社
〒422-8017 静岡市駿河区大谷二丁目20-23
TEL:(054)-237-0500(代)  FAX:(054)- 237-8060

百年住宅西日本株式会社
〒754-0897 山口県山口市嘉川3471番地1
TEL:(083)-989-5522(代)  FAX:(083)-989-6622

百年住宅中部株式会社
〒454-0005 愛知県名古屋市中川区西日置町10-225
TEL:(052)-362-9725(代)  FAX:(052)-362-9719

フリーダイヤル:0120-089-500