QUALITY

百年住宅が世界に誇る7つの性能7つの日本一

地震に強いだけじゃない。
百年住宅が誇る住宅総合品質。

地震から家族を守る家

~阪神・淡路大震災の激震烈震地区で躯体の被害ゼロ~
阪神大震災で全半壊・一部破損した住宅は52万戸にも及びました。
その激震地にあったWPC住宅は495棟。
そのすべてが窓ガラス一枚の破損もなく、無傷でした。
震災に「無傷の実績」を誇るWPC住宅ですが、「更に強いWPC住宅」を求め、
研究開発に全力をあげていきます。
「更に強く、もっと強く」それはいつの時代になっても変わらぬ思い。
これこそが私たちの使命です。
軽量鉄骨の「20倍」の強度を誇る
PCパネル
百年住宅の部材はPCパネル
百年住宅が使用しているパネルは、適正な水分量と充分な養生をクリアした高品質なコンクリート。
現場打ちコンクリートの2倍、ALCの10倍の強度。
自慢のPCパネル(プレキャスト鉄筋コンクリート)です。

スランプ試験

現場打ちではできない「硬練りコンクリート」
水・セメント比の
バランスが良いPCが良い

圧縮強度試験

コンクリートと鉄筋が強く付着し、
強力に一体化したパネルとなります。
強度はALCパネルの10倍です!
窓ガラス1枚も割れない箱型構造
密実さと硬さで
オールマイティーな強さ
WPC工法のような箱形構造の場合は、負荷を分散し強い抵抗力を発揮します。
水平・垂直・斜め、どの方向からの外力にも建物全体で受け止めます。
箱形構造(壁式工法)の強さ

箱形は強い

壁面全体で力を受け止める箱形構造

軸組工法の場合、「線」と「点」で外力を受け止めるために、柱や接合部分に負荷が集中的にかかります。腐朽・錆び・接合部不良等による柱や梁の部分的な破壊が建物全体の崩壊へとつながる危険性があります。百年住宅(WPC工法)や2×4工法のような壁式工法の場合、床・壁・天井という全ての「面」で外力を受けとめるため、負荷を分散し強い抵抗力を発揮します。水平・垂直・斜め、どの方向からの外力にも建物全体で受けとめます。

箱形は変形しない

ガラスが割れない理由

右図は百年住宅と軸組工法に阪神・淡路大震災と同じ力を加え、軸組工法が倒壊する寸前の各階ごとの変位の大きさを示しています。
層間変位の比較では、百年住宅の変位量δは軸組工法の変位量δ'の1/6以下。百年住宅の構造体はほとんど変形せず、揺れにくい構造といえます。だから、阪神・淡路大震災で百年住宅全棟、窓ガラス1枚も割れなかったのです。
地震の揺れのタイミングに合わない
固有周期
建物の耐震性に
深く係わる「固有周期」
地震の揺れのタイミングに合わない建物を造っています。
つまり建物を倒壊させる共振現象と無縁なのです。
百年住宅の固有周期は0.16秒と非常に短いので大地震の地盤特有の周期には同調しにくい構造です。
建物の耐震性に
深くかかわる「固有周期」

地震の揺れの周期を外せば
大きく揺れない

在来工法
地盤と建物の周期が一致して共振現象を起こす
百年住宅(WPC工法)
建物の周期が短いため共振現象は起こらない

揺れをブランコに例えると

ブランコの長さが短いと固有周期が短く、長いと固有周期も長くなります。

※固有周期とは:ある物体が振幅するとき、その物体が1往復する時間をその物体の固有周期といいます。

地震の揺れのタイミングに
合わない建物を造る

建物を倒壊させる共振現象にも、百年住宅は無縁

地盤の揺れには特有の周期があり、大地震の場合には0.6秒から1.2秒の間にその周期があるとされています。地盤特有の周期と、建物の固有周期が一致した時に、揺れの方向が同調し、通常をはるかに上回る増幅された力が建物に加わります。これを共振現象とよび、建物の倒壊を引き起こします。百年住宅の固有周期は0.16秒と非常に短いので大地震の地盤特有の周期には同調しにくい工法です。一方、軸組工法の場合は、両者の周期が近く、共振現象が起きやすくなります。

共振現象

子供の頃、ブランコに乗って揺れに合わせてこぐ(あるいは、押してやる)と次第に揺れが大きくなることは誰にでも経験があることでしょう。これはブランコの固有周期とブランコをこぐ周期が合っているためです。このように、固有周期に合わせて周期的に力を加えると揺れが増幅されて大きくなっていく現象を「共振」と呼びます。共振すると小さな外力でも大きな振動となり共振しなければ、大きな外力にも振動は小さくなります。
あらゆる方面から地震への対策で他社にはできない無傷を実現しています。
CONTENT

百年住宅についてもっと詳しく知りたい方はこちら

閉じる

×閉じる